「インプラントって差し歯とは何が違うの?

「インプラントって差し歯とは何が違うの?」という質問はよく訊かれます。
まず、差し歯は歯の土台が残っている場合にのみできる施術です。
歯の上半分だけが無くなった場合に、残った下半分を利用して義歯を付けるものなのです。
そのため、歯そのものを抜いてしまうと、原理的に差し歯の施術は不可能なのです。
一方、インプラントは原理が全く異なります。
これは、チタンでできた人工の歯根を顎の骨の中に埋め込んで、そうして出来た土台の上に義歯を接続して固定するという技術です。
原則として保険は使えないので費用はかかりますが、自前の歯がない場合でも施術が可能なのがインプラントの特長ということになります。
外科手術を受けたわけですから、インプラント埋入手術の後は極力安静を保って過ごすように努めましょう。
日常生活には極端な制限はありませんが、日常生活以上の負荷がかかる運動は避けた方が良いです。
血行が良くなることで、出血がおさまらなくなることもあります。
日常的に運動を続けている方なら、歯科医の意見を聞き、再開時期を確認しておきましょう。
インプラントの定着には長い時間がかかりますが、それが終わっても、ケアはそこで終わりではありません。
ずっと使い続けられるかは、定着後の口内ケアにかかっているといえます。
歯磨きなどの口内ケアを歯科で指導してもらえるので、必ず守るようにしてください。
治療技術が進歩しても、結局大事なのは自分自身でのケアなのです。
加えて、自分の歯の神経ではなくなりますから、異常に気付くのも遅くなります。
ですから、必ず歯医者さんで言われた通りの頻度で検診に通いましょう。
インプラントの手術してからしばらくの間、近くの歯がうずくように感じられることがあるようです。
麻酔をかけて人工歯根を埋め込み、その周辺組織が腫れて熱を持ったため周辺の歯の神経も刺激されたことが原因でインプラントが落ち着けば、その反応も静まることがほとんどです。
しかし、他の原因から生じることもあるので、異変を感じた場合は放っておかずに歯科医にみせることで早めの対応をしていきましょう。
典型的なインプラント治療は、3つのハードルを越えなければなりません。
第一に、歯茎を切り開き、あごの骨を削って人工歯根を埋め込む、それからあごの骨や周辺組織と人工歯根がしっかり結びつくのを待ち、第三段階では、歯根にアタッチメント(連結部分)を接続し、さらに義歯をかぶせて完成という流れは皆さん変わりません。
時間を要するのは、人工歯根の周りに組織ができて骨にしっかり定着するまでで定期的に検査をしながら、2ヶ月から6ヶ月の期間を必要とします。
ですから、インプラント治療全体では全部で3ヶ月から10ヶ月かかることを覚悟しましょう。