どうにもならない虫歯で結局歯を抜くことにな

どうにもならない虫歯で、結局、歯を抜くことになってしまいました。
このようなケースでは、ブリッジになることが多いようですが、このような場合、インプラントにもできますと説明されインプラント治療に決めました。
保険がきかないため、高額になりますが安定して噛むためにはインプラントの方が良いといわれました。
治療後、噛めるようになると、ほどなく違和感なく噛むことができるようになりこれで良かったと実感しています。
失った歯を再生する治療は何種類もありますが、インプラント治療の問題点は失敗すると、やり直しが非常に困難な治療だということです。
義歯の中でも、入れ歯やブリッジと違い、人工歯根は完全にあごの骨と結合しなければならないので時間をかけてもインプラントと骨の間に組織が形成されず、インプラントが定着しなければ再び手術を行って骨を大きく削り直すことになります。
そして、インプラントの埋入にはあごの骨を削るので、周辺の神経を損傷する危険性もあります。
どこの歯科医院でも、インプラントが適用されるのは、様々な事情から、他の治療が受けられない方にすすめられる治療なのです。
クラウンとかブリッジをかぶせる自分の歯がない、義歯では力が入らない、噛み合わせが良くないなどの理由で必然的にインプラント治療になる患者さんが多くを占めます。
インプラントと入れ歯との違いが気になるところですが、インプラントの場合、噛み心地があごの骨に直接伝わるため、食べ応えがあるので、食事が確実に美味しくなります。
インプラント治療を考えている方に知っておいてほしいことですが、仮歯が入れば、義歯だと気づかれることはまずありません。
見た目からしても、自分の歯のように自然な印象を与えるのでインプラントだとカミングアウトしなければいかにも義歯だと思われることはいちいち考えなくて良くなります。
自然な見た目を重視している場合、最適な治療と言えます。
これはインプラント治療が最適、とされるのは他の健全な歯を傷つけるのは避けたいといったケースです。
ブリッジ治療で義歯を入れるとすれば義歯を支える役目をする両サイドの歯は削らなくてはなりません。
これが、インプラントの埋入なら失った歯を直接再生する治療と言えます。
他の歯に影響を与えずに、失った歯を再生したいと要望があるケースではやはりインプラント適用が一番でしょう。