インプラントはメリットの大きい治療法です。

インプラントはメリットの大きい治療法です。
けれども、マイナスの部分も理解しておきましょう。
全ての患者に関わるのは、高額な費用です。
ケースによっては数十万円の負担になることもあり得ます。
そして、治療にミスや失敗があると起こった問題は、相当深刻化する可能性がある危険性も承知しておいてください。
ごくまれなことですが、患者の死亡例も実際にあります。
現状では、インプラント治療のほとんどは自費となるため費用を払いきれるかどうか心配になる方も多いのが当然です。
そのような実態を踏まえ、クレジットカード払いができるところや、デンタルローンなどと銘打って信販会社のローンで支払いができる歯科医院が増えています。
費用全てを現金で一度に支払えなくても、インプラント治療の開始は十分可能になりました。
「インプラントって差し歯とは何が違うの?」という質問はよく訊かれます。
決定的な違いは、差し歯は自前の歯が残っていなければ使えないことです。
差し歯は、天然の歯や歯根を利用して、そこに金属の土台を埋め込みます。
当然、歯が全く残っていない状態では、原理的に差し歯の施術は不可能なのです。
対して、インプラントは差し歯と異なり、金属製の歯根を顎の骨に埋め込んで癒着させ、その上に義歯を装着して固定するというものです。
自由診療になるので差し歯より高いですが、歯がなくなっていても顎の骨に問題さえなければ利用できるのがインプラントの利点です。
どこの歯科医院でも、インプラントが適用されるのは、他の治療が難しい患者さんが受ける治療です。
周りの歯が、クラウンやブリッジの支えにはならない、入れ歯では噛み心地が満足できない、などのため必然的にインプラント治療になるという事情を、ほとんどの患者さんが抱えています。
入れ歯に比べ、インプラントでは噛み心地は自分の歯に近く食感がしっかり伝わり、美味しく食べられるようになります。
インプラント埋入手術の直後、埋め込んだ周りの歯が浮いた感じになることがあります。
麻酔をかけて人工歯根を埋め込み、その周辺組織が腫れて熱を持ったため周りの歯も、神経を刺激されて反応したので時間が経つにつれておさまってくるケースがほとんどなので、気にしないでください。
別の原因が隠れていることもあり得るため、特に手術後は、異変を感じたら放っておかずに歯科医にみせることを忘れないでください。