インプラントはメリットの大きい治療法です。け

インプラントはメリットの大きい治療法です。
けれども、それと裏腹のデメリットもあります。
最大のデメリットは費用が高額になることです。
治療の内容や、インプラントの材質によっては数十万円かかることも覚悟してください。
それから、治療が失敗すると、場合によってはかなり深刻な問題が起こることもあるデメリットも忘れないでください。
まれな症例として、治療が原因で死亡することも過去にはありました。
歯科医でインプラント治療を勧められた方もいるでしょうが、それは何らかの原因によって歯の欠損が生じたとき、代用となる義歯と人工歯根のことです。
歯の欠損には、昔からブリッジや入れ歯が使われてきましたが、インプラントは人工歯根とあごの骨がしっかり結びつくので自分の歯と同じような強度があり、手入れ次第で、長期間問題なく使うことも可能です。
インプラント治療を受けようとすると、全て自費なので治療費がかかってしまうことも知っておきましょう。
インプラント治療が適用されるケースとして、他の歯を削ったり、かぶせたりしたくないという患者の希望がある場合です。
例えば、ブリッジで義歯を入れようとすると両隣の歯を支えにするため、一回り削る必要がありますが、インプラントはあごの骨に歯根を埋入するので、失った歯だけを根元から再生する治療になります。
他の歯を削って義歯を入れるのは抵抗があるという要望がある場合、歯科医からインプラント治療をすすめられるはずです。
検査から治療後のメンテナンスまで、インプラント治療はほぼ全面的に保険適用外です。
保険がきけば治療を受ける方の数も増えるかもしれません。
それでも保険適用外なのはこの人工歯治療は保険適用が可能な他の治療方法よりも検査、土台となるあごの骨の管理、人工歯調整、手術とかなりの手間がかかるためです。
土台であるあごの骨を調整し、インプラントを埋め込むことや、かみ合わせの調整などに時間がかかり全ての治療を通した費用はかなりの額になります。
これを保険適用にしてしまうと、健康保険の赤字がいっそう増え、結局は被保険者の負担が増えることになるので、保険適用にはならないのです。
インプラント埋入手術は局所麻酔がほとんどなのでどんな痛い手術なのだろうと思うかもしれません。
どこの歯科医の手術でも、痛さを心配する必要はありません。
局所麻酔とは言え、しっかり効いたのを確認してから手術するのが普通だからです。
術後、麻酔が切れてくると、腫れとともに痛みを感じることもあります。
頓服の痛み止めが処方されるため長い間痛みに苦しむことはほとんどないと言えます。