インプラントは人工歯なので永久に虫歯か

インプラントは人工歯なので永久に虫歯から免れますが、歯茎やあごの骨が炎症を起こす可能性はあります。
長期間快適にインプラントを使うためには日頃のケアが重要で、歯周病を予防するために、毎日のセルフケアと定期検診は手を抜くことができません。
けれども、万が一歯茎が腫れたり、インプラントの周りで出血があったりすればインプラント周囲炎の症状かもしれません。
放置すると炎症が広がるので早急に診察してもらわなければなりません。
人工歯の中でも、インプラント治療はほとんど保険が適用されません。
保険が適用されればありがたいのですが、この人工歯治療は保険適用が可能な他の治療方法よりも時間も手間もかかるからです。
インプラントをあごの骨に埋め込むだけでなく、周囲の歯との力関係を調節するなど時間を要し、時間に見合った医療費がかかります。
もしこの治療が保険適用だったら、医療費はいっそう増えてしまい、社会保険料の値上げが心配されるので、今後も原則保険適用にはなりません。
インプラント治療を考えているなら、最も重要なのはどんな歯科医にかかるかです。
インプラント埋入などの技術に優れているかどうかはもちろん、手術に至るまでの検査や治療、術後のアフターケアなどの点で歯科医の技量は厳しく問われるのでかなり治療実績には差があると考えられます。
インプラント治療は、特に歯科医ごとの差が大きい治療法だと言えます。
できる限りよく調べて、歯科医を決めることが治療全体の大きな部分を占めます。
せっかく完了したインプラント治療も治療後も快適な状態を維持するためにセルフケアを怠ってはなりません。
毎日丁寧にブラッシングすることによるいわゆるプラークコントロールを完璧に行い、自覚症状の有無にかかわらず、歯科医の定期検診を受ける必要はずっと続きます。
インプラント自体は人工歯ですが、ケアが十分でないと歯周病などのリスクが増します。
差し歯とインプラントはどう違うのでしょうか。
決定的な違いは、差し歯は自前の歯が残っていなければ使えないことです。
差し歯は、歯や歯根の一部が残っている場合に、その上に金属の土台を埋め込むものです。
なので、完全に歯を抜いてしまった部分には、原理的に差し歯の施術は不可能なのです。
一方、インプラントは原理が全く異なります。
これは、チタンでできた人工の歯根を顎の骨の中に埋め込んで、アバットメントと呼ばれるパーツで土台と人工歯を接続するものです。
原則として保険は使えないので費用はかかりますが、自前の歯がない場合でも気にせず行えるのが最大の特長であるといえます。