インプラントは歯根部がチタン製であること

インプラントは歯根部がチタン製であることが多く、特長として、骨に埋め込んだとき調和性が高く、材質やコーティングの進歩によって、アレルギーもほとんど起こらなくなっています。
インプラント治療開始前にはCTや、レントゲン、口腔内検査といった頭部全体のいろいろな検査を実施し、その結果を見て初めて治療開始となるので安心して治療を受けることができます。
一通りの治療が終わったあとは、メンテナンスを患者と歯科医が連携して進めていくことで、長い間、問題なく使うことが可能になります。
インプラント手術の未経験者にとって術中の痛みが怖いと思います。
インプラント埋入手術を受けても、痛さを心配する必要はありません。
手術部位には麻酔をしっかり効かせて本格的に手術を始めるためです。
麻酔が切れれば、処置の仕方によって痛くなってくることもあります。
化膿止めとともに、痛み止めも処方されていますので長い間痛みに苦しむことはほとんどないと言えます。
欠損した歯が少ない場合、治療としてはインプラントとブリッジが考えられます。
インプラント治療では、歯茎を切り開き、あごの骨に穴を開け、インプラント体と呼ばれる人工歯根を埋め込み、その上に義歯をつけます。
ブリッジ治療では、橋桁状の義歯をつけるために、両側の歯を一周削って、上にブリッジをかぶせます。
見た目の問題を考えるとほとんどの場合、インプラントが優位に立ちます。
ブリッジ治療では、両隣の歯は橋の支柱のように削ることになるという辛さもあるのです。
人工歯根(インプラント体)を骨の中に埋め込むのがインプラント治療ですが、金属アレルギーを心配する必要はないでしょう。
人工歯根はチタンが多く、他の部分もセラミックや金などアレルギーを起こすことは極めてまれな素材から作られています。
健康保険が適用されるインプラント治療はごくまれで、ほぼ全額自費とみるべきです。
余計な負担や不安を減らすために、金属アレルギーがある患者さんは治療に取りかかる前に、歯科医に相談しておくのが不安や誤解がないでしょう。
理由は様々ですが、希望すれば必ずインプラント治療を受けられるとは限らず、検査の結果を見て、これ以上の治療はできないといわれることもあるでしょう。
ですが、理由に挙げられたのが「骨の量が足りない」などや、「あごの骨のサイズが足りず、インプラントを入れられない」であればまだあきらめなくて良いかもしれません。
歯科医が最新の技術を駆使できるだけの設備があればそれまでインプラントは適用されなかったケースも相当数が治療できるようになってきました。
現在可能な最先端の治療が受けられるかどうか、探すことが必要です。