インプラント埋入は外科手術なので術

インプラント埋入は外科手術なので、術後は極力安静を保って生活するよう気をつけてください。
日常生活には極端な制限はありませんが、普通の生活を上回る強度の運動は当分控えてください。
血行が良くなると、傷口から出血する可能性があります。
運動を毎日のように行っている方は、再開する時期を、歯科医と話し合って共通理解しておくことをすすめます。
一般的なインプラント治療は、3ステップあると考えてください。
最初に人工歯根を、歯茎を切り開いてあごの骨を掘ったところに埋め込みます。
それからあごの骨や周辺組織と人工歯根がしっかり結びつくのを待ち、第三段階として歯根の上にアタッチメントをつけて、さらに義歯をかぶせるというのがだいたいの流れです。
人工物を骨に埋め込むのですから、組織が歯根の周りにできて骨に定着するまでには時間がかかり、定期的に検査をしながら、2ヶ月から6ヶ月の期間を必要とします。
仮歯を取って、義歯を入れるのをゴールと考えると、治療開始から短めなら3ヶ月ほど、長いと10ヶ月に渡る治療期間を要します。
インプラント治療は骨を削って人工歯根を埋め込む手術を伴うので、当然、様々な点で、失敗が起きる可能性があります。
どのような失敗が考えられるかというと、人工歯根があごの骨に定着せず脱け落ちてしまう、力をかけたことで人工歯根や義歯が破損するといった人工歯そのものに関わる失敗、細菌感染やアレルギー等によってあごの骨が腫れる、痛むといった身体的問題、手術に失敗してあごのラインが変わってしまったという外見が損なわれる可能性もあります。
問題が起こるリスクを軽減するためにも、歯科医はよく考えて決めてください。
インプラント治療の問題点を聞いたことがあると思います。
その一つとして、インプラントを埋めると、頭部のMRI検査をしたとき金属部分が反応してしまうという問題はありませんでしたか。
しかし、それは正しくありません。
磁気を当てて画像を作るのがMRIなので、金属があれば、そこは乱れて映ります。
ところが、インプラントの場合はチタン、あるいはチタン合金でできているので磁気に反応しない性質を持っていて検査で問題になることはまずありません。
他の生活習慣と比べても、喫煙がインプラント治療に及ぼす影響は小さくないと覚悟してください。
インプラント治療の完了までには数ヶ月みるべきですが、手術後に周辺組織が形成され、インプラントがあごにしっかり固定されることがその後の治療に関わる重要な問題です。
周辺組織を回復させるために、ニコチンも一酸化炭素も相当の妨げになります。
この治療ができるだけ早く終わって欲しいと思うなら、治療を受けている間は禁煙を決意してください。