少数の歯の欠損に対する治療としてはインプ

少数の歯の欠損に対する治療としては、インプラントとブリッジが代表的です。
インプラント治療は、あごの骨を削って穴を開け、人工歯根を埋入し、歯根が固定されるのを待って義歯をかぶせます。
それに対し、ブリッジ治療は、義歯を橋桁と考え、両隣の歯を支柱のように削り、上からブリッジをかぶせるのです。
見た目の問題を考えるとブリッジよりインプラントの方が優るというべきでしょう。
また、ブリッジ治療は、健康な歯を犠牲にしなければならないという辛い面があります。
インプラントに関する情報は多く出回っていますが、利用を検討するにあたり、多くの方が心配されるのが、術後の腫れではないでしょうか。
この点は、歯科医の技量や、治療後の口内ケアの良しあしや、その時の体調にもよりますから、絶対的なことは言えないのが実情であり、「やってみなければ分からない」という回答になってしまいます。
歯科で鎮痛剤の処方を受け、患部を冷やすなどの処置をとっても痛みが引かない場合や、痛みが強すぎる場合などは、放置せず、すぐに担当の歯科医に診せましょう。
インプラントが固定され、義歯が不自由なく使えればインプラント治療も終わります。
それからも指示された間隔で歯科医によるメンテナンスを受けなければなりませんからその都度、費用がかかります。
普通は、三ヶ月に一回のペースで定期検診に通うのが一般的です。
メンテナンスを受けるごとに支払う料金は基本が保険適用なので、あまり高額にはならず三千円程度かかることが多いです。
普通は、一年あたり1万円、もしくは、2万円程度のお金がかかると見積もっておきましょう。
最近よく聞くようになったインプラント。
差し歯とはどう違うのか見てみましょう。
差し歯は文字通り、歯に差し込むものです。
つまり、歯や歯根の一部が残っている場合に、その上に金属の土台を埋め込むものです。
歯根を含めて歯が無くなってしまったところには、差し歯は利用しようがないということです。
一方、インプラントは原理が全く異なります。
これは、あごの骨にドリルで穴をあけて、金属製の人工の歯根を埋め込み、そこに義歯を被せるという手順で施術が行われます。
自前の歯がなくなってしまい、差し歯が利用できない場合でも、顎の骨に問題さえなければ利用できるのがインプラントの利点です。
他の歯科治療同様、インプラント治療で大事なのは自分にとって最良の歯科医を見つけられるかどうかです。
独特の技術を要する治療なので、その腕はもちろん、手術前に行う検査や、治療方針をどうするか、アフターケアに至るまで歯科医の腕次第で差は大きいと断言できます。
この治療は、歯科医の技量が、治療成績を大きく左右する治療法だと考えて欲しいのです。
歯科医選びに全力を尽くすことがインプラントを快適に使えるかを決めるのです。