欠損した歯が少ない場合治療としてはイン

欠損した歯が少ない場合、治療としてはインプラントとブリッジが考えられます。
いわゆるインプラント治療では、あごの骨に小さな穴を開けて、人工歯根(インプラント体)を埋入し、それが落ち着いたところで上に義歯をつけます。
一方、ブリッジ治療では、義歯を支えるため、両側の歯を一周削って、上にブリッジをかぶせます。
口を開けたところを見ればほとんどの場合、インプラントが高い評価を得るでしょう。
先に書いたように、ブリッジ治療では、問題のない歯を削らなければならないという辛い面があります。
一本のインプラント治療にかかる費用は普通の治療で、入れるのが一本なら35万円前後をみてください。
地域差もあり、歯科医院の規模によってできる治療にも差があり、歯科医の評判にも差があって、それぞれに治療費には大きな開きがあります。
治療の前に費用の総額を調べ、できれば複数の歯科医院を比較して治療を始めても、決して遅くありません。
忘れないで欲しいのはその歯科医院で治療を受けた方の口コミです。
高い費用も、一括払いには限りません。
分割払いや、クレジットカード払いもできるようです。
よくいわれるインプラントのメリットですが、仮歯を入れてから、義歯だといわれることはまずありません。
歯茎から生えているので、見た目も自分の歯に近くかなり自然にうつり、自分から、義歯だと他の人に明かさないでいればこれは義歯だと思われることもほとんどありません。
前歯など、自然に見せたい歯の場合はおすすめしたい治療法です。
インプラント治療を受けたい方のネックにもなっていますが、治療はほぼ保険適用されません。
保険が適用されればありがたいのですが、インプラントを作り、あごの骨に埋め込もうとするとブリッジや入れ歯など、保険適用ができる治療と比べて検査、土台となるあごの骨の管理、人工歯調整、手術とかなりの手間がかかるためです。
土台であるあごの骨を調整し、インプラントを埋め込むことや、インプラントが周りの歯の間で落ち着くまでにも時間がかかり、トータルの治療費用は高額になってきます。
全面的に保険がきくことにしてしまうと、医療費のさらなる増大を招くので、適用拡大の見込みはありません。
埋入手術後の経過が良く、義歯の使用に問題がなければインプラント治療は終了です。
けれども定期的なメンテナンスを受けなければなりませんのでその都度、費用がかかります。
多くの場合、三ヶ月に一回くらいで歯科医のチェックや衛生士によるブラッシング指導を受けます。
この定期検診に必要なお金は保険がきく治療がほとんどなので、三千円くらいと考えてください。
全く問題がなくても、年に1、2万円くらいのお金がかかると見積もっておきましょう。