歯科治療の中でもインプラント治療が難しいとされる

歯科治療の中でも、インプラント治療が難しいとされるのは、失敗したとき、やり直しはほとんどあり得ないという点です。
義歯の中でも、入れ歯やブリッジと違い、人工歯根とあごの骨は、周辺組織で完全に結びつかなくてはならないので何らかの理由でインプラントと骨がなじまず、骨とインプラントがしっかり結びつかなければ、再手術を迫られ、骨をさらに削って修復するという治療しかなくなります。
埋入するのもリスクがあって、手術時に神経を損傷する危険を伴います。
インプラントならば、他の人工歯と比べても噛んだときに安定しており、ガムを噛むときに余計な心配がいらないのはこの治療の良さでもあります。
ブリッジのように、上から人工歯をかぶせているのではなくあごの骨に根元を埋め込む形で人工歯を作ったので歯が取れる心配をすることなく、安心してガムを噛めます。
インプラント全体も、ガムを噛むくらいでは何ともないくらい丈夫に作られていることはいうまでもありません。
たとえば、キシリトールガムを噛んでも全然平気です。
最近よく聞くようになったインプラント。
差し歯とはどう違うのか見てみましょう。
決定的な違いは、差し歯は自前の歯が残っていなければ使えないことです。
差し歯は、天然の歯や歯根を利用して、そこに金属の土台を埋め込みます。
そのため、歯そのものを抜いてしまうと、原理的に差し歯の施術は不可能なのです。
一方、インプラントは原理が全く異なります。
これは、インプラント体などと呼ばれる人工の歯根をアゴの骨の中に埋め込み、その上に人工の歯を取り付けて固定するという施術なのです。
差し歯と比べて高額なのは悩み所ですが、抜歯などで歯を失っている場合にも利用できるのがインプラントの強みです。
外科手術を受けたわけですから、インプラント埋入手術の後は傷が落ち着くまで、できるだけ安静に生活するよう気をつけてください。
力のかからない日常生活ならば大丈夫ですが、身体に負荷をかけるくらいの運動は避けた方が良いです。
血行が促進され、出血が続く恐れもあるためです。
運動を毎日のように行っている方は、どうなったら再開できるか、歯科医と確認しておきましょう。
歯科で手術の経験がない方は、インプラント埋入手術にあたってかなりの痛さを想像してしまうでしょう。
今では、どこで手術を受けても痛さを心配する必要はありません。
麻酔の効き方を確認しながら手術の本番に入るためです。
術後、腫れがでるのに伴って痛みを感じることもあります。
痛み止めの頓服薬を処方されることが多く、長い間痛みに苦しむことはほとんどないと言えます。