歯科治療の現場は日々進化を続けています

歯科治療の現場は日々進化を続けています。
最近は、歯科医の技量も上がり、インプラント手術の失敗はほぼなくなりましたが、それでも完全にゼロにはならないのが残念なところです。
酷い場合にはインプラントが固定されず抜けてしまったり、硬いものを噛むと歯がグラグラしてしまうというケースも稀に報告されています。
そうした不具合は、歯科医の技術・経験不足に原因があると言ってよいでしょう。
なるべくなら、インプラントを専門としている歯科で治療を受けるようにしましょう。
インプラントとクラウンの決定的な相違は、歯根が自分のものであるかどうかです。
虫歯などで、歯の損傷が激しくても、歯根部が残せれば冠状の義歯としてクラウンという義歯をはめられます。
しかし、根から抜いた場合はまず考えられるのは入れ歯ですが、その他に失った歯根を補うため、人工歯根を埋入する方法であるインプラントを用いた治療になります。
金属でできたインプラントを骨に埋め、周辺組織で固めるといっても、金属アレルギーが問題になることはほとんどありません。
外科手術で入れられるボルトと同じ素材で、チタン、セラミック、金などアレルギーの原因となることはほとんどない素材を使って作られているためです。
ほとんどのインプラント治療は保険がきかず、全額自費と考えてください。
ですから、経済的な負担を最低限にするためにも、金属アレルギーの患者さんはアレルギーの可能性について、治療を始める前に歯科医に話しておくと不安や誤解がないでしょう。
多くの方にとって、インプラント治療を始めるとき心配なのは、高額な負担を覚悟しなくてはならないことでしょう。
保険適用されることはごくまれで、当然のように全て自由診療になってしまうのでインプラントを何本埋め込むのかや、どんな材料を選ぶかによって費用にはかなりの開きが出ますし、自由診療なので、歯科医院ごとに費用が異なることはもちろんです。
治療が無事終わっても、メンテナンスを受けなければならないという点にも注意が必要です。
基本的に全て自費治療となるのが、インプラント治療の現状です。
費用を払いきれるかどうか心配になる方もまだまだ多いのです。
それでも、クレジットカードが使えるところや、例えば、デンタルローンと呼ばれるような分割払いに申し込める便利な歯科医院も多くなってきました。
現金で費用を一括払いする必要なく、インプラント治療の開始はあきらめなくて良くなりました。