簡単にインプラントとクラウンの違いを述べるなら歯根

簡単にインプラントとクラウンの違いを述べるなら、歯根部が残っているかどうかの違いです。
虫歯などで、歯の損傷が激しくても、歯根部を支えとして残すことができれば自分の歯根を支えとして、義歯をかぶせられるので、クラウンと呼ばれる義歯をはめ込んでいけます。
根元から歯を抜いたときの選択としては、もし、入れ歯を採用しない場合、失った歯根を補うため、人工歯根を埋入する方法であるインプラントを用いた治療になります。
歯科医にインプラント治療をすすめられるケースとしては、失った歯だけの治療で済ませたいなどの要望があるケースです。
例えば、ブリッジ治療をするためにはブリッジの支柱になる両隣の歯を削ることになりますが、これが、インプラントの埋入なら失った歯のみに働きかける治療と言えます。
両隣の歯は健常なので、削りたくないという要望がある場合、やはりインプラント適用が一番でしょう。
欠損した歯が少ない場合、治療としてはインプラントとブリッジが考えられます。
そもそもインプラント治療とは何かというと、あごの骨に開けた穴にそこへ人工歯根を埋め込み、固定されたところで義歯をつけます。
それに対し、ブリッジ治療は、義歯を橋桁と考え、両隣の歯を支柱のように削り、上からブリッジをかぶせるのです。
口を開けたところを見ればどちらかというとインプラントが優っていると考えられます。
加えて、ブリッジ治療では、健康な歯をブリッジのために削ることを迫られる覚悟もしなければなりません。
インプラント治療を始める前にチェックすることとして、あごの骨の状態を確認し、治療ができるかどうか知ることが大事です。
特に要注意なのは歯周病や顎関節症で、まず既往症を完全に治しておくのは必須です。
美容整形で、骨を削ってあごのラインを変えた方にも治療にかなりの危険が伴います。
もちろん、こうした既往症があるだけで治療不可と決めつけることはできないのでまずは歯科医に全て話しておきましょう。
インプラント治療の成果を左右する生活習慣はいくつかありますが、その中でも喫煙の影響はかなり大きいというべきでしょう。
インプラント治療の完了までには数ヶ月みるべきですが、手術後に周辺組織が形成され、インプラントがあごにしっかり固定されることが治療の一大関門となります。
組織の形成には、タバコのニコチン、一酸化炭素などが悪影響を及ぼすことはいうまでもありません。
インプラント治療の成功を願うなら、最低でも手術から治療終了までの間、禁煙あるのみです。